脱毛 副作用対策

脱毛の副作用対策|光とレーザーなどが身体に引き起こすもの

「脱毛をした時に副作用は起こるって本当?!」

 

簡単に言うと、少なからず副作用が起こる可能性は、あります。
そして、副作用を抑えるための対策も、あります。

 

脱毛方法の中でも光やレーザーによる脱毛処理は、毛抜きや毛剃り、除毛クリーム、除毛テープなどでは得られないような「つるスベ肌」が期待できますが、その反面、肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

脱毛はムダ毛を処理する方法を指す言葉ですが、今挙げたとおり、

 

・毛抜き
・毛剃り(シェービング)
・除毛クリーム
・除毛テープ
・光脱毛
・レーザー脱毛
・電気脱毛

 

このように様々な脱毛方法があります。そしてどの脱毛方法にも「副作用」を引き起こす可能性はあります。
この世にまったく同じ性格を持つ人間がいないように、肌の反応にも個人差があり、同じ脱毛方法でもまったくトラブルがない人と、何かしらのトラブルを引き起こしてしまう事があるのです。

 

 

それでは、どのように脱毛の副作用対策を行っていけばよいのでしょうか?

 

 

そのためには、脱毛で引き起こされる副作用を知る必要があり、
その副作用から対策・アプローチを考えることができます。

 

 

まずはそれぞれの脱毛方法で起こりうる副作用を取り上げます。

 

 

・毛抜き

 

毛抜きでよく起こる肌トラブルは埋没毛(まいぼつもう)です。毛抜きをすると、一旦ムダ毛がキレイに無くなったかと思いますが、完全に無くなったわけではなく、またキレイに再生します。そこで厄介なのが、一度毛抜きを行った時に再生するまでに毛穴が閉じてしまっている時です。毛は再生しようと頑張るので、毛穴が閉じていても同じ箇所から生えようとします。そのため、毛穴が閉じているのに毛が生えている状態が起こります。それが埋没毛です。
その他にも、毛を抜く瞬間に肌に過度な負担がかかるため、毛穴に炎症が起こり赤みをおびたりする場合があります。

 

・毛剃り(シェービング)

 

毛抜きと比べて比較的負担は少ないとされていますが、刃を使って肌の表面を剃るので、それなりに負担があります。社会人の男女はエチケットの為に、その多くが毎日シェービングしているかと思います。シェービングをしている人なら経験があるかと思いますが、毛を剃った箇所が赤くなったり、そこから化膿するとその赤みが膨らんだり、時間がたつと黒くなります。つまり「肌を刃で傷付ける事による炎症」です。それがある意味副作用になるのですが、日本のほとんどの男女がこのシェービングを行っているかと思います。

 

・除毛クリーム、テープ

 

脱毛は基本的に肌が弱い人は肌のトラブルを招きやすいのですが、この除毛クリーム、除毛テープも肌のトラブル・副作用を比較的起こしやすいものです。

 

除毛クリーム(除毛剤も含む)はしっかりパッチテストを行っていないと、赤みができたりします。どんな商品にも注意書きにはっきり書いているので確認しておきましょう。

 

除毛テープは特に薬品を使っていないので除毛クリームなどよりは安全かと思いますが、テープを引き剥がして脱毛を行うのでこれもまた注意が必要です。何度か引き剥がしていると、どの程度肌に負担がかかるかが体感的に分かります。そこで赤くなったり、ひどい場合は炎症を起こす場合があるのでよく観察しながら利用しましょう。

 

・光脱毛
光脱毛は様々な呼び方をされています。IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛など、サロンによって呼び名が異なってきて、脱毛器の性能によっても多少効果が異なってきます。光脱毛は主に、肌の表皮と真皮いう箇所に作用します。レーザーは単一波で小さな点(1cm×1cm)程度にレーザーを集中させて脱毛を行うのに対し、多様な波となっているので産毛にも効果的です。肌の特性が個人で違うのではっきりは言えませんが、比較的副作用もなく脱毛が可能です。

 

副作用があるとすれば、光の出力をあげすぎる事によるものです。

 

通常脱毛サロンでは光の出力は上限が決まっています。
簡単にいうと「数字上、一般人が肌のトラブルにならない程度」の出力と定められているのですが、より効果を出したいと考える脱毛サロンはこの出力を異常にあげてしまうのです。

 

そこで光脱毛が効きにくくて肌が弱い人は大変です。

 

赤み、場合によっては軽いやけどの副作用が起きます。以前に肌トラブルによってそのような脱毛サロンは摘発された為、出力に関しては敏感になっているかと思いますが、肌が弱い、アトピー肌、敏感肌の方は十分に気をつける必要があります。レーザー脱毛や電気脱毛に関してはその危険性はもっと高まります。

 

・レーザー脱毛

 

医療機関、クリニックなどでしか扱えないのでこのレーザーです。レーザー脱毛は比較的効果が表れやすい反面、料金が高く、施術時間もかかります。副作用は光脱毛でもあげた通り、赤みや軽いやけどです。実際に起きている副作用としては、ワキ脱毛を行った女性が「多汗症」になった症例もあります。これも個人差によるものが大きく、まったく問題ない人もいます。そのためレーザー脱毛を行う場合はしっかりとした医療機関、クリニックを選びたいものです。

 

・電気脱毛

 

この中でも特に料金と時間がかかるものです。さらに痛みもダントツです。
そのため、これまで取り上げた副作用が起こる可能性もダントツで高いものです。
やっかいなのが、エステサロンでも電気脱毛が扱えるという点です。
ベテランのエステティシャンと言えども、電気脱毛は毛の一本一本をピンセットのようなもので電気を流していくため、技術もさることながら、個人個人が耐えうる電流レベルを見極めるスキルと経験が必要です。
もし電気脱毛を行うとなった場合でも、技術力が高いと思われるサロン、機関を選びましょう。

 

 

このようにそれぞれの脱毛では、副作用または肌トラブルとも言える事が引き起きる可能性があります。
そこで脱毛の副作用対策として共通点で浮かび上がってきます。

 

 

それは、いかに肌に負担をかけずに脱毛を行うか?という点です。

 

 

脱毛はムダ毛処理とも言われていますが、生物学にいうとムダ毛でなく、必要だから生えてきたものです。

 

教科書に出てくるような原始人は、体毛が多かった記憶があるはずです。当時は服を着用することもなかったために、外的に受ける影響を最小限にすませるため体毛が多いとされています。それから文明が発展するに従って外的影響も少なくなったために体毛も少なくなってきました。

 

そのため現代におけるムダ毛の処理とは「オシャレの一環」でもあります。
何を言いたいかというと、まず「脱毛行為自体が、肌に良くないこと」という認識が必要なのです。

 

 

そうなると注目するべき点は一つ。いかに肌に負担をかけずに脱毛するか?という事になります。

 

ここで、先ほど取り上げた脱毛方法に負担がかからない為の事項を記載します。

 

・毛抜き
毛の流れに沿ってゆっくりと抜くようにします。早く処理を済ませようと思って急ぐと肌が傷つきやすくなります。

 

・毛剃り(シェービング)
逆剃りといって、毛の流れに逆らってシェービングをしている方がいらっしゃるかと思いますが、こちらも毛の流れに沿ってシェービングする事をおすすめします。

 

・除毛クリーム
パッチテストは必ず行うことと、体調が万全であること、除毛クリームをする前の肌に異常がないことが最低条件です。

 

・除毛テープ
除毛クリームと同じく体調が良好であること、除毛テープを行う前に肌に異常がないこと。

 

・光脱毛
比較的肌のトラブルが起きにくいものですが、体調が万全であること、日焼けをしていないこと、脱毛後一週間は意図的に日焼けをしないことがベストです。

 

・レーザー脱毛
光脱毛と似ていますが、日焼けに関しては2〜3ヶ月がベストと言われています。

 

・電気脱毛
レーザー脱毛と光脱毛とほぼ同じです。

 

 

このページでは脱毛方法とその対策について書きました。
こちら以外にも脱毛をするにあたって知っておきたい情報を掲載しています⇒脱毛サロン ランキング

 

より深く知りたい方はご参考下さい。